デジタルヘルス・医療・ヘルスケア領域の企業様と共に歩むパートナーとして採用課題を解決します。

杉林一哲
Sugibayashi Kazuaki
学生時代は建築を専攻し、空間の中での健康増進・症状の緩和について研究をしていました。新卒で国内大手建築設計事務所に入社し、ファシリティマネジメント業務に4年間従事しました。 やりがいを感じながら楽しく仕事をしておりましたが、人生100年時代に1つの会社で勤め上げるキャリア形成に疑問を感じ、2016年に外資系大手リクルーティングファームへ入社しました。主に外資系企業(製薬、医療機器、製造業等)のIT関連ポシジョンのエクゼクティブクラスの採用をお手伝いしておりました。2020年から現職。

テクノロジー実装へのハードルが高い医療・ヘルスケア領域

私たちPole&Lineは元々、テクノロジー領域の採用支援を得意としてきました。この5年間でテクノロジーの社会実装は大きく進んだと感じています。フィンテック、ロボット、リテール、様々な領域から便利なサービスが次々と誕生しました。

そんな中、医療・ヘルスケアの領域は様々な理由からテクノロジーの社会実装へのハードルが高く、多くの方々が苦労しながら課題を解決しようと努力していらっしゃいます。

私たちがこの領域に取り組む理由

私自身は、身内に医療従事者やライフサイエンス企業に勤務している者が多く、この領域を身近に感じてきました。さらに留学中の怪我や身内の病気の経験から、医療・ヘルスケア領域の課題解決に貢献できないかと考えるようになりました。

しかし私一人ができることは限られています。企業に入り、プラス1馬力となるよりも、自身が磁石やテコとなり、企業のさらなる成長、課題解決を担う優秀な方を見つけ、多くのご縁をつむぐ方が、よりよい医療・ヘルスケアを実現できるのではないかとの思いから、採用支援という形で医療・ヘルスケアの領域に携わっています。

クライアント企業のさらなる成長、課題解決を目的としたサービス

人材紹介サービスとは、人材をサーチし、紹介し、その報酬として手数料をいただくというビジネスモデルです。 会社としての利益を最高効率で生み出すために、クライアント企業のこと、業界のこと、候補者様のことを理解せずにひたすらテンプレートのスカウトメッセージを大量に送るというアプローチを取るエージェントが多いのも事実です。

しかしながら私たちは、自社の利益の最大化ではなく、企業の課題解決、業界のさらなる成長を最も大切にしています。クライアント企業に寄り添い、真の課題は何なのか?どうすれば成長に貢献できるのか?どんな人材が必要なのか?について真正面から取り組みます。

私たちはこのような企業様を支援します

クライアント企業のサービスが患者さんや生活者の方々に届き、よりよい世の中となるよう、私たちは、特に以下のような企業様をご支援しています。

  • 医療・ヘルスケアへの確固たる思いがある企業

    よりよい医療・ヘルスケアの実現のため、画期的なサービスを提供し、社員が一丸となって課題解決に取り組む企業様を支援します。

  • 誠実な企業

    高い倫理観を持ち、患者さん、生活者、ユーザーの利益を真に考え、突き進む企業様を支援します。 医療、ヘルスケアの領域では国民が収める保険料に紐づくお金が社の売上の大部分を占めることもありますが、この業界の仕組みを利用し、短期的に自社利益の最大化を目的とする企業様はお手伝いできません。
  • 社員を大切にする企業

    人々の健康を支えるためのサービスを提供する企業で働く人々も健康であってほしいと願っています。会社それぞれに事情は違えど、それぞれの形で社員一人ひとりを大切にする企業を支援します。

私たちのサービスで実現できること

ポジションの採用目的や難易度、マーケットでの状況に応じて、リテーナーサーチ、成功報酬型サーチもしくはPRO等の最適な手法でご支援致します。

  • 理想的な候補者へのアプローチ

    ポジション内容だけでなく、業界、競合、企業風土まで総合的に理解した上で、理想的な候補者を定義します。それに基づき、転職市場に顕在化していない層を含む独自のネットワークにより、他社にはない優秀な人材へアプローチできます。

  • 量ではなく質の選考

    理想の候補者像にマッチする人材をピンポイントでサーチ、ご紹介するためクライアント企業の採用負荷が軽くなります。
    書類選考通過率は一般的なエージェンシーの約30%に対して、弊社では約85%です。

  • ブランド価値の低下防止

    ターゲットを絞った精度の高いアプローチにより、募集ポジションの無作為な拡散を防ぎます。
    企業としてのブランド価値やポジションのマーケットでの価値を低下させることなく採用活動を進めることができます。

  • スタートアップから大企業まで

    日系、外資系問わず、さまざまな事業フェーズに合う人材像を熟知しているため、アーリーフェーズのスタートアップから大手企業まで対応可能です。
    (英語対応も可能)

Dos and Don’ts

クライアント企業にとって価値あるパートナーとなるために、私たちは採用支援をする上で明確なポリシーを定めています。

Dos

  • クライアント企業の一員として伴奏して採用課題に取り組みます
  • クライアント企業の課題・ニーズを的確に理解し、提案、採用支援を行います
  • オファー承諾率を高めるために、候補者との信頼関係構築に注力します

Don'ts

  • 大量の求人票、職務経歴書を単なるキーワードマッチングにより右から左に流すスタイルではありませんので、多くの候補者様を同時にご紹介するのは難しいです
  • クライアント企業や候補者様との情報の非対称性を利用するような悪意のあるコミュニケーションは致しません
  • ブランド棄損や採用マーケットでのバリュー低下につながる企業名の大量拡散はしません

採用のことでお悩みですか??

“私が採用を成功に導きます”

杉林一哲
Sugibayashi Kazuaki
外資系人材紹介会社にて人材業界でのキャリアをスタート。
主に製薬、医療機器、製造業等の外資系企業でのIT、デジタル系ポジションの採用支援に携わる。2020年よりPole&Lineに参画し、デジタルヘルス領域でのヘッドハンティング、人材紹介に従事。コンサルファームや事業会社の企画系人材の採用、エンジニアの採用を主に支援しています。